主に日経OP売リ戦略で生き残る為の啓蒙教室。月間収益目標は4%ですが、より重要なのは月間損益を年11勝1引き分け以上とすることです。
合計受講者数
こんにちは、管理人の日経OP売坊です。

当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございました。
少しでも皆様のお役に立つ情報を提供していきたいと思いますので、応援宜しくお願いいたします。

さて、今回のテーマは投資成果の評価方法です。

ご自身の投資がうまくいったのか、あまり効率的でなかったのかをご自身で評価するのは、投資家にとってとても重要なことだと思っています。
それは、自分の資産運用技術が上がってるのか、伸び悩んでいるのかを客観的に判断できるからです。

他人より儲けたかどうかは、全く関係ありません。自分自身の成長・成功へのツールです。

そのためには、明確なルールが必要です。そして、それは数字で判断できるといいですね。

管理人は、以下の評価方法を採用しています。

1) 月単位で管理する。 

管理が楽なように、月末ではなく、毎月のSQの金曜までとする。
それは投資方針を算定するのにあたって、限月単位で考えるのが有効だと考えているからです。

2) 投資収益率で考える。

オプション売り戦略では、使える証拠金額が多ければ多いほど、収益を得られる可能性は高くなります。
1000万円の証拠金で投資した場合と、1億円の証拠金で投資した場合、1億円で投資したほうが収益絶対金額が大きくなるのは当たり前ですよね。

つまり、損益の絶対金額での評価では、自分の技量を正しく判断することができません。

そこで、管理人は今月使える最大限の証拠金を分母として投資収益率を計算しています。
たとえ1000万円の証拠金のうち、500万円しか使わなくても、分母は1000万円です。

分子は手数料後、税引き前の実現損益です。(評価損益を加味してもいいと思います。)

例) 1000万円を最大証拠金として用意して、実際は500万円を使い、30万円の実現益が出た場合
  
    月利は 30 ÷ 1000 = 3.0%    ですね。


当初は1%でも十分ではないでしょうか。無理な勝負をして勝つよりも、負けない戦略を続けることがとても重要です。 
管理人が目指す11勝1引き分けであれば、単純計算で年間11%となり、はるかに預貯金より効率的ですね。

<参考> 基礎をしっかり学んでいけば、安定的な収益源となりえることをご理解いただくために、恥ずかしながら管理人のオプションの収益率(月利)を以下に示しました。おかげさまで、今のところは安定的な収益となっています。
注) 投資勧誘の目的ではありません。また、成果を保証しているものでもありません。ご了承ください。

<2016年>
11月限月 4.0%
10月限月 3.1%
09月限月 4.2%
08月限月 4.3%
07月限月 4.1%
06月限月 3.0%
05月限月 1.6% (月途中よりスタートしたため、参考値)

注) 最新の情報は、「月間収益率」のカテゴリーをご参照ください。


fx-on.com アプリ app 電子書籍 リーダー


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
<クリックで応援、宜しくお願い申し上げます。 m(_ _)m>


注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。

スポンサーサイト
2016/12/02 10:26 OPトレーダー:成功の鍵 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

日経OP売坊

Author:日経OP売坊
元デリバティブ・アナリスト、元外資系金融機関の運用担当役員が、日経オプションの実践法を伝授いたします。難しい理論は抜きにして、有意義な情報をお伝えしてまいります。なお、当ブログはファイナンシャル・リテラシーの向上のみを目的としたもので、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。投資判断は自己責任でお願いいたします。
1級ファイナンシャル・プランニング技能士

検索フォーム
フリーエリア
ブログ村ランキング