主に日経OP売リ戦略で生き残る為の啓蒙教室。月間収益目標は4%ですが、より重要なのは月間損益を年11勝1引き分け以上とすることです。
合計受講者数
こんにちは、管理人の日経OP売坊です。

当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございました。
少しでも皆様のお役に立つ情報を提供していきたいと思いますので、応援宜しくお願いいたします。

さて、今回のテーマは今週の経済指標です。

今週は、衆議院解散があるかどうかに注目ですね。
また、要人の講演や、NZ・ドイツの選挙も波乱要因となるかもしれません。

09/23日(土)
NZ     総選挙

09/24日(日)
独     連邦議会総選挙
NZ      夏時間開始

09/25日(月)
独     Ifo景況感指数
NZ     貿易収支

09/26日(火)
米     新築住宅販売件数、S&Pケースシラー住宅価格
米     消費者信頼感指数
日本   9月決算銘柄権利付き最終売買日

09/27日(水)
米     耐久財受注、週間原油在庫統計
NZ     中銀政策金利

09/28日(木)
日本    臨時国会招集(解散?)
米     GDP確報値

09/29日(金)
日本    雇用統計、消費者物価指数
米     個人所得支出

09/30日(土)
中国    製造業PMI

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。


fx-on.com アプリ app 電子書籍 リーダー


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ
にほんブログ村
<クリックで応援、宜しくお願い申し上げます。 m(_ _)m>
スポンサーサイト
2017/09/24 00:00 今週の経済指標 TB(-) CM(0)
こんにちは、管理人の日経OP売坊です。

当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。
少しでも皆様のお役に立つ情報を提供していきたいと思いますので、応援宜しくお願いいたします。

さて、今回のテーマは国債の日銀買い入れです。

日銀が、日本国債を買い続けています。

日本銀行のHPによりますと、2017年9月20日現在の日銀の国債保有残高は391兆円にも上ります。
率にすると発行残の40%以上を保有していることになります。

このような環境の中、元日銀審議委員の木内野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミストが警鐘を鳴らしています。
☆ 「このままでは、2018年半ばにも限界がくる」と指摘しています。
☆ ほぼ市場に売りに出る国債が枯渇するためです。


日銀はどうするつもりなのでしょうか?
昔の刀狩や、戦時中の鉄製品の強制徴収のようなことをするのでしょうか?

いずれにせよ、日本銀行の金利の誘導は厳しい時代がすぐそこに迫ってきています。
アベクロ(安倍・黒田)が、債券市場を破壊したつけは、もうすぐ政府・日銀に牙をむいて襲い掛かってくるのでしょうか?

日銀さん、「いつまでもあると思うな親と国債」です。


注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。



fx-on.com アプリ app 電子書籍 リーダー


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ
にほんブログ村
<クリックで応援、宜しくお願い申し上げます。 m(_ _)m>

2017/09/24 00:00 最新のニュースから TB(-) CM(0)
こんにちは、管理人の日経OP売坊です。

当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございました。
少しでも皆様のお役に立つ情報を提供していきたいと思いますので、応援宜しくお願いいたします。

さて、今回のテーマはゴゴジャン・ライブ出演の件です。

来週一番気になるのは、25日の首相の会見です。

もしここで、28日解散の方針が出されなければ、連休明けの約400円弱の上げ分をいっぺんで吹っ飛ばす可能性があるからです。
その場合、日経平均が20000円の水準を守れるかどうかが焦点となるでしょう。

そうなると、日本郵政の値決めに大きな影響が出るでしょう。

逆に言えば、政府が日本郵政株の値決めを失敗させるはずもなく、解散はまず間違いないと考えておくのが妥当でしょうか。

解散の先延ばしがあるとすれば、米国による北朝鮮への先制攻撃が近いとも考えておく必要がありますね。
NYでトランプ大統領との密談があったということです。

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。



fx-on.com アプリ app 電子書籍 リーダー


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ
にほんブログ村
<クリックで応援、宜しくお願い申し上げます。 m(_ _)m>
2017/09/24 00:00 思考力 TB(-) CM(0)
こんにちは、管理人の日経OP売坊です。

当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございました。
少しでも皆様のお役に立つ情報を提供していきたいと思いますので、応援宜しくお願いいたします。

さて、今回のテーマは新高値銘柄(5日平均移動)です。

9月8日に49まで激減していた新高値銘柄(5日平均移動)ですが、その後は急反発をしています。
☆ 9月13日に133と100を回復
☆ 9月20日には200に
☆ 直近の9月22日は、186と高水準を維持

大きな流れが変わったのは、19日火曜日でしょうか。
一気に400円弱の大幅高で20000円を回復しています。

完全に、ショート・スクイーズ(売り方の締め上げ)の状態になってしまいました。

PERは14.35倍と、過去の平均でも低水準です。
注)管理人は、割高水準に入っていると思ってはいますが。

来週は、衆議院解散、9月配当取り、9月末のウィンド・ドレッシングなどのイベントがあり、買い手の支援材料となりそうですね。
したがって、株式市場の調整は10月以降に延期となるのではと考えています。





注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。



fx-on.com アプリ app 電子書籍 リーダー


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ
にほんブログ村
<クリックで応援、宜しくお願い申し上げます。 m(_ _)m>
2017/09/23 17:31 最新のニュースから TB(-) CM(0)
こんにちは、管理人の日経OP売坊です。

当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございました。
少しでも皆様のお役に立つ情報を提供していきたいと思いますので、応援宜しくお願いいたします。

さて、今回のテーマは現在の指標関連です。

現在の日経平均の各種指標などを、今年の高値(1月4日)と比較したものが以下の表です。


直近の予想EPSは、08月25日の1416.80がピークです。

           9月22日現在   1月4日
日経平均      20296.45  19594.16
ドル建て日経平均   181.27     165.83
(換算円$レート) (@111.96)  (@118.16)
同予想PER     14.35倍     16.60倍
同予想EPS     1414.39     1180.37

同PBR        1.28倍      1.37倍
同BPS        15856.60    14302.31

同配当利回り      1.75%      1.54%

米国10年国債利回り  2.253%     2.441%
日本10年国債利回り  0.020%     0.065%

米国ー日本(10年債) 2.233%     2.376%



fx-on.com アプリ app 電子書籍 リーダー


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ
にほんブログ村
<クリックで応援、宜しくお願い申し上げます。 m(_ _)m>

注)以上は私見であり、また、ファイナンシャル・リテラシー(金融知力)の向上のみを目的としたものです。したがって、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。実際の投資の最終判断は、自己責任でお願い申し上げます。
2017/09/23 16:59 各種指標 TB(-) CM(0)
プロフィール

日経OP売坊

Author:日経OP売坊
元デリバティブ・アナリスト、元外資系金融機関の運用担当役員が、日経オプションの実践法を伝授いたします。難しい理論は抜きにして、有意義な情報をお伝えしてまいります。なお、当ブログはファイナンシャル・リテラシーの向上のみを目的としたもので、投資勧誘の目的で作成されたものではありません。投資判断は自己責任でお願いいたします。
1級ファイナンシャル・プランニング技能士

検索フォーム
ブログ村ランキング